油彩画

トキのアトリエヒュッテ出張所vol.2 「ユミコさんの夢のあふれる油彩作品」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ーアトリエヒュッテ出張所、トキー
 
こんにちは!
アトリエヒュッテ出張所のトキです!
皆さんお元気でお過ごしでしょうか?
 
梅雨に入り、こちら福井では雨と曇りの日が続いています。
そんな日にふと晴れ間が見えると、山の緑の濃さにホッとします。
先日はたくさんのホタルを見ることができました!
ブワァッとタイミングを合わせて光るホタルは美しく、どこか儚げで怖くなるほどでした。
絵で表現できたら‥なんて贅沢な悩みですよね。
 
今回は第二弾「ユミコさんの油絵モチーフ作品」です。
拝見した時、このキラキラ感を表現できたら‥とホタルの時ような悩みを抱えました!
 
もう、とにかく見ていただきたいです!!
 
vol.2 「ユミコさん」の作品
 

全24回、48時間かけて制作された大作です。
 
思わず‥「わぁ〜!!」と声をあげてしまいました。
 
キラキラ美しい世界。それぞれの可愛い小物たちが、一つ一つ丁寧に描かれています。
 
一番上の天使が、優しく見守っています。
その表情が優しくてこちらまで微笑んでしまいます。
 
どの小物をじっくり見ても、しっかり描かれていて
それでいてきちんと統一感があります。
壁の色もピカピカ光っていて、まるで天使が世界を光らせているみたい。
家に飾りたい!と思ってしまいました。リビングでこの可愛らしい天使に見守られたい。なんて。
 
ここでモチーフを見ていただきたいです。
 

 
モチーフももちろんステキなのですが、ユミコさんの作品になった途端
 
グッと全てがキラキラ輝いていますよね!
 

 
私は作品とモチーフの壁の違いに驚きました。
作品では壁のタイルが青や紫、緑やいろいろな色が輝いていて棚や小物を際立たせてますよね。
 
壁の色はどのように決められたのか‥どのようなタッチで?もくもく質問が湧いてきて
ユミコさんに伺いました!
 
ー質問ー
壁の色合いがとっても美しいです!モチーフと色が違いますが
どのようにして色を決められたのでしょうか?

☆ユミコさん
『一番上の天使と左右の銀と金の星からクリスマスをイメージしたので
そこから何となくこんな色になりました!』
 
ー質問ー
タイルが光っているようでとっても絵の雰囲気と合っています!筆のタッチなど何か
工夫された点があれば教えていただきたいです。
 
☆ユミコさん
『タッチは先生方に筆の使い方を色々教えていただいたので効果的なタッチが使えたと思っています。』
 
ふむふむ!
ではこのタッチは一体どうやって‥
てつお先生とゆりこ先生にお伺いしてみましょう!
 
☆てつお先生、ゆりこ先生
『壁の効果的なタッチはカンヴァスをかすれさせて下色を微妙に出しました。
モチーフがいわゆる奥行きのあるモチーフではなく壁掛け置物のような感じなので、そこを上手く表現するようにアドバイスしました。』
 
なるほど、とっても勉強になりますね。
 
『かすれさせて下地を微妙に出す』油絵ならではの方法ですね。
私も早速メモさせていただきます!
 

 
こちらの猫ちゃんが壁に飛び乗った様子も、光がきちんと入っていてよくわかりますね。
可愛い!
 

 
しかし!lこの天使の可愛さたるや‥
あー‥ステキ!!
最後にもう一度。
 

 
ユミコさんの大作でした!次の作品も楽しみにしていますね。
 
ユミコさん、どうもありがとうございました!
 
ちなみにこちらの作品は、7月14日(日)~20日(土)に開催される
第9回 アトリエヒュッテ作品展 に出品されます!
是非本物を観て下さいね!こちらが案内状です!
 

つづく。
 
 
トキこと、 トキオカアユミのプロフィール
 
京都出身。
幼い頃より絵を描くことと動物大好き。
末は絵描きか動物に関わる仕事かで悩むが
動物病院で看護師として働きながら絵を描き続ける。
 
動物病院勤務中に絵本の素晴らしい世界を知り退社。
絵と絵本に関わる仕事に。
 
現在福井在住。東京から引っ越ししたばかり。

最近は流木拾いを楽しみながら作品作りを続けている。
http://instagram.com/aumi05

2011年10月 京都 Books&cafe Wonderland にて個展
2017年4月 東京 カフェ青リンゴ にて個展
2017年11月 京都 Books&cafe Wonderland にて個展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*