ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (36)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2016年06月29日 19:34

第45回 演習コース(2016.6.4開催)

20160629_01
第45回と46回の演習コースのテーマは、「与えられたモチーフ(雑誌)の中の写真その他などをコラージュし、それに描画を加え、与えられた封筒の中に入っている紙に書かれた言葉を表現する。」です。
第2回 演習コース(2012.3.3開催)でも行った課題です。
今回の配布モチーフの雑誌は「散歩の達人 No.236『町田大特集』」で、皆さんに与えられた封筒には「喜び」「哀しみ」「怒り」「優しさ」「寂しさ」「楽しさ」の中から1つが入っています。
 
20160629_02
本日ご参加の皆さん、早速雑誌を開き、与えられた言葉からイメージする世界観に近い写真を探し始めました。
「散歩の達人」にはその特集地域の様々な場所の写真が出ていますので楽しみながらピックアップできますね。
 
20160629_03
本日のディスカッションはマーちゃんからです。言葉は「喜び」です。
楽しい雑誌なので「喜び」を感じる写真は多いのですが、そこがかえって難しい所でもありますね。
 
20160629_04
いろいろな写真を切り取りました。
手のひらにミニトマトの写真から「育てる喜び」を感じとったのは良いと思います。
最終的にはボードにコラージュで制作の予定です。
描画をどう加えるかが見所です。
 
20160629_05
サトミちゃんから、「アクリボード」でも面白いのでは・・・と、アドバイスをもらいました。
 
20160629_06
次はサトミちゃんです。言葉は「怒り」です。
「怒り」とは自分の心に亀裂が入ることであり、その原因はピンポイントなので、破ったり皺くちゃにした写真をコラージュしようか、と考えたそうです。
明快でとてもよく分ります!
 
20160629_07
エスキースの構図もとても面白いです。
直線要素にダイレクトな「怒り」を感じます。
 
20160629_08
雑誌にある路線図なども活用できそうですし、アクリルの立体メディウムも使う予定だったり、かなり工夫された画面が出来そうですね。
 
20160629_09
使えそうな素材写真も集まってきました。
弁天通り商店街の曲がりくねったアーケード写真など面白いです。
 
20160629_10
スズキさんは「楽しさ」です。
ここは流石にスズキさん、大人の楽しみを選ぶことにしました。
アダルトな楽しみですね。
 
20160629_11
レコード・女性・靴・本棚など取り入れ、お洒落な雰囲気が漂っています。
「楽しさ」を連想させる写真もこの雑誌には数多く掲載されていますが、「喜び」と同様に上手くまとめるのが難しいテーマです。
 
20160629_12
黒を上手く使った作品にするのが目標です。
完成が楽しみです。
 
20160629_13
きなちゃんは「哀しみ」がテーマです。
この雑誌から「哀しみ」を感じるのが大変難しかったのですが、与えられた課題にはまっすぐにいつもチャレンジするきなちゃん、今回もじっくりと取り組んでいます!
 
20160629_14
町田には「鎮魂の芸術家」と呼ばれる三橋國民氏(1920~)がいます。
その生涯などを取り入れて哀しみの表現を考えることにしました。
 
20160629_15
三橋氏の作品などを取り入れ、エスキースを練ります。
最終的には長細い大きめのボードで描く予定です。
三橋氏以外の、雑誌にある他の幸せな要素も入れると、対比によってさらに哀しみが表現できそう、との意見も出ました。
 
20160629_16
三橋國民鎮魂祈念館や勝楽寺にも行って取材したいと意欲満々な、きなちゃんでした。
画面は現在相当進んでいる様です!
 
さて次回の第46回演習コースは今回の続きで、2016年7月2日(土)17:00からになります。
まだお席がございますのでご希望の方はお早めにお申し込みください! (2回目からのご参加も出来ますが、モチーフの雑誌はご自身でご用意ください)。

2016年06月29日 19:34
演習コース | | コメント&トラックバック(0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment