ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (35)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2009年02月06日 23:03

小屋哲雄個展in大阪・Oギャラリーeyes・2009/1/26-31

絵画教室アトリエヒュッテ-TK8

1月の最終週に、私、小屋哲雄は大阪の”Oギャラリーeyes”にて、個展を開催しました。今日はそのレポートをお届けしたいと思います。”Oギャラリーeyes”は、東京・銀座の”Oギャラリー”の大阪支店で、唐木満さんという方が代表で頑張っているギャラリーです。関西の若手から中堅作家に大変人気があります。これはその入口ですが、鉄とガラスで出来たドアです。戦後すぐに建った「石之ビル」の3階にあるギャラリーで、建物の古さ(何とエレベーターがありません)とは逆にギャラリー内はとても近代的な雰囲気でございましたMONOおじさん

絵画教室アトリエヒュッテ-TK1

正面右の大きい作品はP80号です。その左隣、わざと下の方に飾ってある小品はF4号です。展示はギャラリーに一任致しました。この空間インスタレーションのような配置はギャラリースタッフの協議による結果です。観に来て下さった方々も色々な意見を言われました十字架

絵画教室アトリエヒュッテ-TK2

正面から右の壁を見ます。F6が2点並び、結構間があって、その隣はF10です。全て、Black-Compositionの最新作ですうまそー

絵画教室アトリエヒュッテ-TK3

このように対角線上で対話をするかのように小品が並んでいます。「壁にできる余白」の形を相当意識しているのではないでしょうか。ご覧のように、古いビルなので大きな梁があります。その梁を魅力的に見せる演出のようでもありました黒猫

絵画教室アトリエヒュッテ-TK4

左もP80の作品です。ブラックとカラーの融合とも言える野心作です。ある意味「和」の空間も表現しましたフラッグ・日本

絵画教室アトリエヒュッテ-TK5

ドア側の壁です。左が「ただひとりのZ」という作品です。絶対的な孤独感を表現しましたZ

絵画教室アトリエヒュッテ-TK7

こちらはゲストルームです。F10号のグレーとブラック主流の作品の下に簡単な休憩スペースがあり、私の過去の個展資料や博士論文が閲覧できるようになっています本本

絵画教室アトリエヒュッテ-TK6

2007年度の、Oギャラリーの個展で展示したF0号連作作品の再出品コーナーですはーと

関西の人の反応は、東京とはまた違って貴重な体験になりました。兵庫県立美術館や徳島県立美術館の学芸員さんたち、関西の画廊のオーナーさん、銀座・井上画廊の「翔展 2008」でご一緒した関西の作家さん、関西のアジア雑貨店の店長さんとトンボ玉作家さん、初めてお会いした京都の遠距離友人、約23年ぶりに再会した高校時代の美術の領家先生、約36年ぶりに再会した小学校の同級生のJ子さん、三重県在住の父の親友の建築家さんなど、なかなかお話できる機会のない方々と話せたのはよかったです柩

そしてアトリエヒュッテからはネギ君とカバチ君、M絵画教室からはO澤さんとERIちゃんが駆けつけてくれました。アトリエヒュッテ火曜チームからはお花も頂きましたし、とても勇気が出ました。!

実は私は神戸市生まれですので(笑)、関西で個展をするのもある意味良かったような気がしています。三宮

後、ななまゆ女の子女の子一家さま、一週間本当にお世話になりました(*゚艸゚)

コピーライトTetsuo Koya / photo credit : O Gallery eyes 2009

2009年02月06日 23:03
講師・小屋哲雄情報 | | コメント&トラックバック(0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment