ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (35)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2009年06月11日 07:15

ドゴン族のマスク

絵画教室アトリエヒュッテ-d3

新入荷!!ドゴン族のマスクです。

ドゴン族とは・・・・

「西アフリカ・マリ共和国に住むドゴン族には、現代天文学の最先端情報と酷似する奇妙な伝承がある。それはシリウス(太陽を除く恒星では全天で最も明るい星)に関するもので、次のような伝承である。

  • シリウスの周りには「ポ・トロ」と呼ばれる星が50年で一巡りしている。

  • 「ポ・トロ」の通り道は楕円で、母なる星(シリウスのこと)はその2焦点の一方に位置する。

  • 「ポ・トロ」は全天で最も小さくて、重く、色は白く、地上にない種類の非常に重い金属からできている。

  • 「母なる星」には、ポ・トロの4倍も重く、通り道もずっと大きい「エンメ・ヤ」(第3の星)が回っており、さらにそれを、ノンモ(両生人)の住むニャン・トロ(ノンモの故郷星)が回っている。

  • 遠い昔、ノンモが地上を訪れ、オゴ(人類)に文明を与えてくれた。

  • 太陽系の木星には4つの衛星があり、土星には輪が存在する。

お星様この伝承の多くは、天文学の最先端情報と酷似している。現代に残る原始種族であるドゴン族は、なぜこれだけの情報を知っていたのか。

それはやはり、伝承にあるとおり遠い昔にノンモが地上を訪れ、彼らに情報を教えたのだろう。望遠鏡すら持っていない彼らが、現代天文学の最先端情報を伝承として持っている理由を一番うまく説明できるものは、これしかないのである。キラリ顔文字

このような伝説を持つ謎の部族ですね。

絵画教室アトリエヒュッテ-d1

長さは40cm以上と大きいです。木の表面がなだらかで、大変美しく仕上がっています年輪。彫り刀の技術もなかなかのものですパック?

絵画教室アトリエヒュッテ-d2

少しモアイモアイモアイっぽい感じもしますが、もしかして、これこそノンモ(両生人)の顔なのかmizutama-ri??圧倒的な、プリミティヴな強さを感じますね!k

2009年06月11日 07:15
マイ・コレクションより | | コメント&トラックバック(0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment