ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (27)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2007年07月30日 05:46

ERIちゃんの「過去と未来に咲く花」 ゲスト作品です!

eri1

久々にゲスト作品です。新宿M絵画教室で私が指導しているERIちゃんの新作です。堂々20Fの大作油彩で、タイトルは「過去と未来に咲く花」。今年の「メッツ大賞」に選ばれました。全体感も素晴らしいですがこの作品はバックの構成が見事です。さまざまな表現を1つの画面に入れてこれだけの統一感はなかなか出せるものではありません。力量がついてきました♪

eri5

中央部分、割れたメヂチの頭ピエロの仮面に差した百合の花ゆりです。この描写力と空間感は流石といえます。石膏のグレーも幅があって大変綺麗です。

eri8

石膏像台座です。欠けがリアルだね。中から蟻arinkoが出てきてもよかったような(笑)。黒い色面も艶があって発色がいいです。

eri3

バックその1・ルネサンス絵画の世界。幼子イエスと洗礼者ヨハネがかわいいキティちゃんのリボン

eri2

バックその2・美しい大和絵の世界。花をめでたるお姫様おひなさま(姫)です。ロットリング(細い油性サインペン)で描いた髪の毛がいいですね?。

eri4

バックその3・シュルレアリスムの世界。エルンスト的です。絵具の厚塗り層とグレーズ+細い線で描写目

eri6

コラージュも工夫しました。幾何学的な棒グラフが流動的な画面とよく合っています。隣で描いていたO澤さんも感心していましたねママヒヨ ニコッ。トレペの皺が意外にいいマチエールになっています。花と花瓶も綺麗です。

eri7

そしてカンディンスキーです。抽象も登場しました。よく描けてる・・・*゜∀゜*。色をいっぱい作りました。

eri9

赤い布と、サインです。布の明暗が綺麗ですね。なんか、「描ききったあ??!!」きらきらって感じでした。今までの勉強が集大成された1点だと思います。これから色々な表現に挑戦するのが楽しみですね。

2007年07月30日 05:46
ゲスト作品紹介 | | コメント&トラックバック(0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment