ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (31)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2006年11月06日 23:16

ERIちゃんの「美の連鎖」!!ゲスト作品です。

01

さて特別ゲスト作品のご紹介です。新宿M絵画教室で私が指導しているERIちゃん、先週「北区美術展」(in 北とぴあ)にM30号の大作を出品いたしました。これがその作品「美の連鎖」です!ヴィーナスのトルソをリアルタイプとドッドタイプの2つで表現し、リンゴにその仲介の役割を与えるという哲学的な絵画です。バックの青、黄色い布も赤と共に三原色を表現して色彩の原点ともいえますね。流石ERIちゃんの感性・理解力・集中力で描きあげました。この絵、とても10代の女の子の絵には見えないですよね。。

02

ヴィーナスの上半身です。色の幅が豊かですしマティエールも重厚で立派です。飛び出したパーツとひっこんだパーツが左側の世界と上手くつないでいく要素です。

03

下半身です。台座&石膏台も綺麗ですね。なんせ、絵具のつきっぷりがいいです!石膏デッサンをしっかり描いた経験から、構造がゆるぎない石膏像の油彩表現になっています。

04

ドットで描いたヴィーナス(部分・胸のあたり)です。ああ、なんと大胆な!(笑)。量感も表現できてしまうのが素晴らしい。ドット同士がぶつかる部分はさらに繊細に描かれています。

05

リンゴ&黄色い布、発色がいいですね。リンゴの構造もよく把握していますし質感も綺麗です。影の色の複雑さもいいですね。ハイライトちょっと白かったかなー。光の反射というより「白」に見えるね(笑)。でも台の上面の張りも申し分ありません。

06

こういう雰囲気で展示されました。立派な額装をしたら、また印象が変わって、堂々とした迫力があります。「繊細でいて大胆な表現の油彩」になりました。

07

会場風景です。かなーり目立ってます!!

ここの所、かなり美術の総合的な力をつけてきたERIちゃん、これからの発展がますます楽しみです!!

2006年11月06日 23:16
ゲスト作品紹介 | | コメント&トラックバック(0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment