ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (15)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

2005年09月25日 01:57

2005秋・人物画ゼミ作品紹介 その2

  本日、2005秋・人物画ゼミの第2日目が開催されました。初日と同様、みなさん気迫充分でした! それでは本日の作品を紹介いたします!   肖像画構図の見事なデッサン。K枝ちゃん作です。まだ中学生とは思えないほどの力量です。人体も非常によく描けていますが服の質感が見事!講評終了後、鉛筆の技法について…  [続きを読む]

2005年09月24日 01:43

2005秋・人物画ゼミ作品紹介 その1

それではアトリエヒュッテ2005秋・人物画ゼミ、初日の成果をご覧下さい!   satoharuさんのデッサン。表情がとてもいいですね。   I 原さんのデッサン。スカートの描き込みに注目!バックも綺麗です。   K野さんのデッサン。堂々とした存在感があります。   K西さんのデッサン。えっ??これで…  [続きを読む]

2005年09月24日 01:34

2005秋・人物画ゼミ速報

2005/9/23?24の2日間で、アトリエヒュッテ2005秋・人物画ゼミが開催されています。 第一日目が終了しましたが、みなさん大変熱心で、いい作品が仕上がりました。 特別にモデルをお願いした恵理ちゃんの集中力も凄いです! モデルの恵理ちゃん(ちょっと緊張)と参加者の制作風景。   制作風景です。…  [続きを読む]

2005年09月20日 01:23

「楽園の在処」と「終章」

いよいよ「第14回相模原芸術家協会展」も終盤を迎えました。本日9/20が最終日となります。まだご覧になっていない方はお見逃しなく!最終日は午後2時までです。 さてこの写真は小屋由里子の作品「楽園の在処」と、その前にある安丸信行氏の立体作品「終章」をダブルで撮ったものです。「球つながり」なのが気に入っ…  [続きを読む]

2005年09月13日 21:26

satoharuさんの「国際ゴシック様式」デッサン

この作品は7月の「アトリエヒュッテ展」に出品されたsatoharuさんの、 国際ゴシック様式で描かれたデッサンです。国際ゴシック様式とは、1370年ごろから1420年ごろにかけてヨーロッパ各地で制作された,絵画を中心に彫刻,工芸に共通してみられる様式であり、14世紀中葉,教皇の都アビニョンと皇帝カー…  [続きを読む]

2005年09月11日 02:08

QRコード

ヤフークーポン・アトリエヒュッテのQRコードができました。QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は プリントアウトして是非お試し下さい。瞬時にヤフークーポンのアトリエヒュッテのページに飛べます!!その画面を提示して頂けたらいつでも入会金無料!!ご家族・知人の方・お友達に教えてあげて下さいね。

2005年09月10日 00:00

相模原芸術家協会展受付の由里子先生

本日、私と由里子先生は相模原芸術家協会展の受付当番でした。これは受付をしている由里子先生です。真面目に一生懸命やってる姿がりりしいですね(笑)。

2005年09月09日 23:51

相模原芸術家協会展出品の小屋由里子作品

こちらは同じく、第14回 相模原芸術家協会展出品の小屋由里子作品です。タイトルは「楽園の在処(ありか)」。大きさはF100号、素材は油彩・アクリルです。去年の出品作「安らぎの地」の発展した作品で、より空間がストレートに出て色も複雑になりました。マティエールも凝ってます!!是非本物をご覧になってご意見…  [続きを読む]

2005年09月09日 23:41

 相模原芸術家協会展出品の小屋哲雄作品

  現在「第14回 相模原芸術家協会展」に出品中の小屋哲雄新作です。タイトルは「モノクロームの誘惑」。サイズはF100号。今年の5月の個展で発表した”Black Composition"シリーズの新作です。幅のある「黒の世界」で、どれだけ斬新な抽象絵画空間を表現できるか?に挑戦してみました…  [続きを読む]