ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (31)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2009年10月07日 08:39

T所さんの模写・アングルの『グランド・オダリスク(部分)』

20091007_01
T所さんがご自宅で大変素晴らしい模写を描かれました。ルーブル美術館所蔵・アングルの「グランド・オダリスク(部分)」です。実に丁寧にしっかりと仕上げました。このような古典絵画の模写は、大変に画力がつく仕事です。普段の制作では見えない部分が見えてきて、過去の巨匠達も例外なくチャレンジしています。

20091007_02
顔の表情を掴みましたね。肌色の幅が豊富ですし、影の色もとても丁寧です。バックの効果もよく出ています。

20091007_03
ターバンの質感も見事ですね。布地の手触りまで伝わって来そうです。

20091007_04
肩から腕にかけての滑らかさが出ました。背中の量感がもう少し出れば上半身の厚みを感じられると思います。

20091007_05
顔のアップです。カンヴァスの布目を生かしているのが分かります。古典絵画の技法に乗っ取っています。目や口のディテールも丁寧です。

20091007_06
髪飾りの雰囲気もしっかり捉えていますね。隅々まで手を抜いていません。なのでとても説得力のある画面になりました。

20091007_07
今回の模写の元になった図版です。かなり正確に模写できているのが分かりますね。

20091007_08

参考までに、アングル「グランド・オダリスク」の全体像と解説です。

「グランド・オダリスク」(La Grande Odalisque) 1814年
91×162cm  油彩・画布   ルーヴル美術館(パリ)

新古典主義最後の巨匠ジャン=オーギュスト・ドミニク・アングルが34歳の時に描いた代表作『グランド・オダリスク』。主題は当時流行したオリエンタル趣味≪オダリスク≫で、皇帝ナポレオンの妹であるナポリの王妃カロリーヌの依頼により描かれたが、制作途中で帝政が崩壊した為、数年の後に画家自身の手によってサロンへ出品された経緯を持つ。女性美を輝く肌と優雅な曲線を用い、デフォルメされた抽象的表現で描かれた本作だが、発表時は調和や統一性、形式美、理知などが尊重された時代だった故、そのいびつな背中と伸びきった腕を持つ裸婦の姿に、当時の評論家から多大な非難を受けたものの、人体構造的にはあり得ない伸びきった背中や太過ぎる腰・臀部・大腿部は、アングルが美を追求した末に辿りついた表現として、現在は同画家の大きな特徴として認識されている。画家は若い頃、修行で訪れたローマでルネサンス芸術に触れ、特に巨匠ラファエロの影響を強く受け、この裸婦の顔つきもラファエロの傑作「若い婦人の肖像(ラ・フォルナリーナ)」の影響と思われる表現が本作には用いられている。

これからのT所さんの制作がますます楽しみになる模写になりました!

2009年10月07日 08:39
会員作品紹介 | | コメント&トラックバック(6)

6 Comments »

  1. カトちゃん@OL絵描き人です。
    NEWブログに初コメントです(^^)

    T所さんの情熱にはいつも驚きですが、今回もすごいですね!!
    私だったら元の絵を理解しきれず、消化不良を起こしそう(笑)(^_^;)

    今度は部分じゃなくて、全体を描いていただきたいものです!?(☆o☆)/…なぁんて、ね(^。^;)

    コメント by 会員@アトリエヒュッテ — 2009年10月7日 @ 8:43 PM

  2. こんばんは小屋哲雄です!
    カトちゃん嬉しい初コメントありがとうございます。
    これからも色々なコメントお待ちしていますね!
    宜しくお願い致します。

    コメント by 小屋哲雄 — 2009年10月8日 @ 1:29 AM

  3. こんばんは!
    ネギです!!
    初コメントです!!!
    T所さんすごいです!!!!
    その昔、画家達は自らの修行の為、作品の作者たちに習い、近づくために模写を行った。作者の事を知らなければ、良い模写は描けない!!!!!と由里子先生から聞きました。

    僕自身、模写にもチャレンジしてみたいです。。。

    コメント by ネギ — 2009年10月8日 @ 10:09 PM

  4. ネギくんこんばんは!初コメントありがとうございます。
    そうですね、作者の事を知った方がより素晴らしい模写が描けると思います。ネギ君もチャレンジだ!!

    コメント by 小屋哲雄 — 2009年10月9日 @ 5:43 AM

  5. タカレイです。T所さん、素晴らしい模写ですね!アングルの作品の持つ高貴な雰囲気まで伝わって来ます。ご自宅で描かれたとの事ですがかなり時間がかかったのではないでしょうか?根気がありますね!

    コメント by 会員@アトリエヒュッテ — 2009年10月9日 @ 5:57 AM

  6. タカレイさんコメントありがとうございます!
    古典絵画の模写では、仰るようにその「高貴さ」「気品」が出なくてはそれらしくならないという事が多いです。その点もT所さんの今回の作品は充分クリアーしていると思います!

    コメント by 小屋哲雄 — 2009年10月9日 @ 9:29 AM

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment