ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (33)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2006年10月23日 01:47

K林さんの秋。しっとりと。

01_10011124267

完成です。K林さんの、秋モティーフ。緑ボードに水彩です。ススキと萩焼の花瓶、酒呑童子の陶器ビン、紫の布がいい調和をかもし出しています。今までのK林さんの作品で1番描写が美しく、色々な工夫が成されているのではないかと思います。秋を語るのは、それは人魚ではないのです。秋を語るのは、それは、K林さん(笑)。

02_10011124276

ススキの描写、美しいですね!しかも繊細で丁寧です。色を積極的に発見しています。緑の地色も生きていますね。

03_10011124304

勢いがあって見ていて気持ちがいいです。稲穂も愛らしいですね。

04_10011124287

萩焼の独特で重厚な質感。重さもよく感じられます。影の色も微妙で絵が単調に見えないです。

05_10011124301

口の紙と紐がリアルですね。「酒呑童子」の文字もK林さんの個性が出ています。思い切って入れた赤がこの絵全体を上手く引き締めています。映りこみも自然な現象として描かれています。

段々と洗練されてきたK林さんの水彩世界。次回も楽しみですね!

2006年10月23日 01:47
生徒さん作品紹介 | | コメント&トラックバック(0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment