ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (31)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2008年11月01日 23:26

ERIちゃんのF20新作油彩画「王子の狐」!ゲスト作品です。

m1

私が新宿M絵画教室で指導しているERIちゃん力作油彩画が完成し、只今「第57回 北区美術展」に出品されています。今回、ERIちゃんは北区・王子の有名な大晦日行事、「狐の行列」きつねをテーマにしました。作品タイトルは「王子の狐」です。自宅にあるという多くの狐のお面をモチーフに、その物語性を生かした構成油彩に仕上げました。いろんな表現で描かれた狐のお面が画面縦方向に行進し、その回りに行事にちなんだ場面を展開するという、20Fの大画面狭しと暴れる凝った構成になっております。ひゃ?・・・オオオッツ!スゲエゼ!!ビックリ

m2

メインの狐のお面は紙でできた質感を丁寧に描写しています。まるで本物のお面がコラージュで貼りつけられたかの様です。キツネ凄い描き込みです黒用 ビックリマーク

m3

右上のお面はカラフルな色面を生かした統合キュビズム的な表現です。稲荷大明神・・・の文字も丁寧ですね。きつね文字の回りの背景は凝ったグラデーションになってます青グラデーション(青)茶色

m4

左下のお面は、石膏像の「大顔面面取り像」を参考に、面構成しました。色彩もモノクロームにし、立体感に工夫しました。きつねちょっとスパイダーマンチック?スパイダーマン
m5

右下のお面はフォービズム的に表現した、原色豊かな楽しいお面になっています。狐お面照れてるみたいにも見えますね照れる

m6

下のお面はやはり質感を大切にリアルに描きましたが絵具のマチエールが豊かです。広重の浮世絵を参考にした2本足で立つ擬人化されたキツネも面白い工夫ですね。今回サインも落款風にしました(名前がわかってしまった・・汗ゆるして)。きつね

m7

このキツネのおじさんも超カッコイイです(笑)。手に持っている鈴鈴(法具?)が気になりますねきつね?。下のキツネ2匹もかわいいですねアゲアゲちゃん

m8

何重にも重なった鳥居の中にも広重のキツネがいます。3次元的な空間感が魅力的です。右側に見える線的なお面も大胆ですね。キツネさんちょっと赤○不○夫的な・・・(笑)はじめちゃん

m9

籠に乗った子供にはキツネのメーキャップが施されています(幼い頃のERIちゃん??)。籠の表情もよく描けていますね!!きつねさん。提灯もリアル赤提灯

m10

北区美術展での展示風景です。右の壁中央に作品が見えます。きつねさん。回りの作品なんてふっとび風ます!

m11

作品にとても合う額が付いて、更に魅力的に見えますね。狐お面いい額がみつかってよかったね!額
ERIちゃん長女Dから今回の作品・展示についての感想文を頂きましたのでお読み下さい。
約4ヶ月をかけて完成させた作品《王子の狐》を、この度、北区美術展に出品させて頂きました。
何かしら北区に縁のあるテーマで書きたい!と言うことで、パッと思い付いたのがこの「狐の行列」という大晦日に行われるお祭でした。
お祭に行った時に毎年一つずつ買い集めてきた狐のお面と、その時撮った写真などを参考に、色々な要素を組み合わせて、面白さを出すよう工夫しました。
なにしろ描き所が多く、完成像がなかなか見えて来なかったので苦労しましたが、先生にご指導を頂きつつ、最終的に、真夜中に繰り広げられる賑やかな様子や、和の雰囲気が出せたかな、と思います。
お面もそれぞれ全て別の方法で描いてみれば、と教えて頂き、変化のある画面にすることができました。
展示会場では、周りの方の作品が、わりとオーソドックスな風景などが中心だったので、「ちょっと浮いてるかな?」と心配でしたが(笑)、やはり額装して沢山の方々に見てもらえる機会はとても貴重だと実感しました。
今回の制作を通して学んだことを、次回作以降にも活かしていければ、と思います!

「第57回 北区美術展」はJR王子駅北口徒歩2分の「北とぴあ」地下展示ホールで11月3日(月・祝日:10:00-19:00 最終日は17:00終了)まで開催中です。お時間ある方は是非足を運んでみて下さいね!

↓MAPはこちらサゲサゲ↓

kita

2008年11月01日 23:26
ゲスト作品紹介 | | コメント&トラックバック(0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment