ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (30)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2015年09月26日 14:49

絵画教室で描く!美晴ちゃんのまるで祭壇のような油彩画F8

20150926_01
第7回ヒュッテ展で出品された作品です。
美晴ちゃんの最新油彩画です。
ヤギの置物・ケルトスカル・様々な木の実を台上にセットして描きました。
ヤギと木の実は私物です。
あまり細部の描き込みはしていませんが、それがかえってこの作品の魅力を高めていると思います。
バックの暗色も、雰囲気を高めています。
 
20150926_02
ヤギの表情がとても良いですね。
白っぽい色にマティエールをしっかりつけたので存在感があります。
左右の角の距離感もよく出ました。
 
20150926_03
ヤギの首まで筆のマティエールがしっかり乗せられました。
バックの何層にも塗り重ねた色とよく合っています。
限定された色彩の中で色幅をしっかり作れましたね。
 
20150926_04
ケルトスカル(ケルト模様の入った骸骨)と木の実が溶け込むように描かれています。
木の実は必要なものだけ描いていて、それも面白い工夫になっていますね。
 
20150926_05
ヤギの前に置かれた木の実は、松ぼっくりがメインになって展開しています。
カンヴァスの目も綺麗に出ましたね。
複雑なグレーに幅があります。
 
20150926_06
黒と茶を何層にも塗り重ねたバックです。
まさに「黒と茶の幻想」ですね!
 
20150926_07
1つだけ離れた木の実が画面のバランスをとっています。
この1粒に力が入ります。
台のアイボリー色も絵具の厚みを付けました。
 
20150926_08
サインはその厚い絵具を彫って描きました。
筆で入れるサインとはまた違った面白味があります。
ご自身の描きたい世界を追求する美晴ちゃん、これからも楽しみです!

2015年09月26日 14:49
油彩画, 静物画 | , | コメント&トラックバック(0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment