ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (23)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2016年09月07日 22:40

絵画教室で描く!ハルミさんの静物油彩画・F8

20160907_01
ハルミさんの新作油彩画のご紹介です。
すりガラスのジョッキに入った花、クロワッサン、カマンベールチーズ、モザイク模様ランチョンマットです。
バックのカーテンも積極的に描かれた秀作です!
確かなデッサン力に支えられた油彩画ですね。
 
20160907_02
すりガラスの質感がとてもよく出ています。
複雑な花の表情と合わさって油彩画的な魅力が表現されています。
 
20160907_03
クロワッサンです。
小さいペィンティングナイフで、丁寧に絵具をのせました。
パリパリした、油を含んだ皮の感触も伝わってきます。
 
20160907_04
カマンベールチーズも、とてもよく描けていますね!
チーズの白い部分に白の絵具をナイフを使ってたっぷり乗せて、
しっかりした質感を出しました。
黄色い部分もとても美味しそうです。
 
20160907_05
カーテンを表現しているグレーがとても幅があって綺麗ですね。
カーテンをただ描くのではなくバックとして意識した結果です。
カンヴァスの目も効果的に使われています。
 
20160907_06
ランチョンマットの原色モザイク模様と、幅のある黄色の表情がこの作品に更なる魅力を与えています。
チーズの回りから広がる、黄色の布に落ちた影の色も綺麗です。
サインも黒で入れて画面全体のアクセントになりました。
非常にデッサン力を感じるハルミさんの油彩作品になりました。
 
20160907_07
例えば、この作品の写真をモノクロに転換するとこのようになります。
見事なグリザイユ技法(モノクロームで描かれた絵画)による油彩画に見えます。
個々のモチーフの陰影、立体感、前後関係、そして画面全体の奥行きがとても自然に表現されていることが分りますね。
これこそ、確かなデッサン力に支えられた油彩画だと言えるのです。
ハルミさんの次回作も楽しみです!

2016年09月07日 22:40
油彩画, 静物画 | , | コメント&トラックバック(0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment