ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (31)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2017年05月11日 23:22

第53回 演習コース(2017.4.1開催)


第53回と54回の演習コースのテーマは「傘とキーホルダーの意外な出会い」です。
こちらが配布モチーフの折りたたみ傘とトランプデザインの金属製キーホルダーです。
今回の課題はシュルレアリスムの手法を学ぶのが目的です。
ロートレアモン伯爵の「マルドロールの歌」の一節、
「手術台の上のミシンとこうもり傘の偶然の出会いのように美しい」を、マン・レイが写真化した作品があります。
シュルレアリスムの創世に多大なる影響を与えました。
※ロートレアモンの「手術台の上のこうもり傘とミシンの出会い」は、
「あるべきでない場所であるべきでないものが衝突することによって生じるエネルギー
“デペイズマンの理論”」を表現しています。今回はそれを折りたたみ傘とキーホルダーで
それぞれのやり方で表現します!
 

「手術台の上のミシンとこうもり傘の偶然の出会いのように美しい」を、マン・レイが写真化した作品です。
本当に目を引く、美しい作品ですね。
 

本日は全員参加です。
みなさん、資料を読んでモチーフを観察し、イメージを膨らませています。
 

傘を広げてみるきなちゃん。新しい発見があったでしょうか?
たかが傘、されど傘です。
 

こちらはサトミちゃんです。
薄い生地の傘なのでグレーが光に透けています。
 

マムマムさんです。
みんなが教室で傘を広げているだけで結構シュールレアリスムな空間が出現します。
 

スズキさん、マーちゃんも頑張って発想を出しています。
あまり難しく考えない方がいいかもしれません。
 

どのように考えがまとまっていくのでしょうか?
新しい「美」を生み出すのにチャレンジです!
 

スズキさんは色々と文章を交えてアイデアを出しています。
この画像ではわかりませんが、最終的な作品でご紹介したいと思います!
 

それではディスカッションです!
マーちゃんから発表して頂きました。
最近行かれた宇宙博物館の宇宙船「はやぶさ」に傘とキーホルダーをとりつけています。
 

傘の形と宇宙船の形の類似について語るマーちゃん。
確かに似た部分がありますね。
 

もう1つは、お皿に乗せて食べ物化する作戦です。
これは伝統的なシュルレアリスムの手法にもありますね。
原住民のテントと傘の形態を並べるのも面白いです。
正式なディナーとか、マクドナルドのような軽食の様にするのも面白いと意見が出ました。
カレーライスはお皿が無いとカレーライスに見えないというのも新発見ですね。
 

質問について答えるマーちゃん。
 

スズキさんです。
非常に細かく、色々と文章を交えてアイデアを出しています。
この画像では文章は割愛しておりますが、内容は最終的な作品でご紹介したいと思います!
絶対に傘が使われないところで使ったり、戦争画と風刺画の境界はどこになるのか?など、私たちが絵画を鑑賞する時に疑問に感じる事も同時に考えるスケールの大きな作品になりそうです。
今までの制作ではあまり考えなかった要素を考えて、新しい表現を目指します。
足かせ、戦国武将や工事現場監督、落下傘部隊、石膏の手なども登場する絵になるかもしれません。
お楽しみに!
 

本日、スズキさんは大変丁寧にご自身のアイデアを解説して下さいました。
レジェの作品も参考にされるようです。
 

さとみちゃんです。
やはり、「ありえない組み合わせ」を念頭に、「傘の骨組みの美」を追求しています。
もう1つのモチーフのキーホルダーのデザインが「ストレートフラッシュ」なのに注目したのは流石ですね!
そこも使って制作を目指します。
 

大好きな宇宙や星への想いを語るさとみちゃん。
ストレートフラッシュは最強なのでその最強を他の何に表現するか模索中です。
「( )綱」とか?
 

マムマムさんです。
地球と月を持って飛ぶ傘という発想は面白いですね。
トランプをトランプ米大統領とかけてトランプタワーにしています。
蝙蝠が空を飛び、動物が観客の様です。
本日の段階ではメルヘンな世界観になりました。
 

ご自身のコンセプトを語るマムマムさん。
 

きなちゃんです。
「傘とキーホルダーの意外な出会い」。
では、まずその反対、「あたりまえの出会い」を考えます。
なるほど、当たり前があってこその意外性があるという考え方ですね。
雨の日に傘をさすのは当たり前、カバンにつけたキーホルダーは当たり前・・といった感じです。
そして、そこから受け手を驚かせる発想を出していきます。
 

よくわからなくなったら、全部フライパンに入れて煮てみよう!焼いてみよう!豪快です!
でもその行きつく先は?
ゆっくり考えたいポイントですね。
 

今日のメインディッシュは「傘とキーホルダー」。
フォークで頂きます。
 

意外!傘が泳いでる!クラゲかと思ったら傘だった。
でも、本当の海には傘のようなクラゲがいて、傘魚が他の魚と泳いでいてもおかしくありません。
傘袋も泳ぎます。
海底にじっとしている生命体はトランプさん?それともリュウグウノツカイかも。
 

風景に大きな傘があったらどうかな?
大きな山は大きな傘に!湖の中の白鳥とトランプはお友達です。
 

本日のアイデアをお話してくれるきなちゃん。
これだけ色々考えられるのは頭が柔らかい証拠です。
 

難しい課題だけど、次回までにできるだけ進めてこよう!!とみなさん盛り上がりました。
 
さて次回の第54回演習コースは2017年5月13日(土)17:00からになります。
ご希望の方はお問い合わせください。

2017年05月11日 23:22
演習コース | | コメント&トラックバック(0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment