ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (19)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2015年12月28日 00:00

第40回 演習コース

第40回演習コースは、演習コース第40回目を記念して、
「抽象画を鑑賞する」ゼミを行います。
 
今回のテーマは抽象画を見て自分なりに発見し、語る訓練です。
 
抽象画を見てすぐに、「わからない」「むつかしい」というのはもう卒業しましょう!
 
20151227_01
小屋哲雄作品「ジョルジュ・ブラックかく語りき」
カンヴァスに油彩・アクリル 2013 F30
 
まず小屋哲雄作品「ジョルジュ・ブラックかく語りき カンヴァスに油彩・アクリル 2013 F30」について、
川口市立アートギャラリー・アトリア学芸員 増田愛美氏の書いたパンフレットを読み、1つの抽象画の見方として理解します。その後この作品のオリジナルを鑑賞し、増田氏の文章をヒントに色々と考えていきます。
 
私は「ジョルジュ・ブラックかく語りき」の制作についての話と、自分の絵画研究制作・発表テーマ「古典抽象主義」における狙い・コンセプトをお話しました。
 
この訓練の後は私の作品HPの最新の個展作品画像(2015.11.17~22日 画廊 宮坂)から1つ作品を選択し、
自分なりの見方・感じ方をこの冬休みで文章化して頂きます。
しっかりと考えて、個性的な解釈を記述して頂きたいと思います。
 
20151227_02
作品について具体的に意見を述べるサトミちゃん。
 
20151227_03
とにかく、よく画面を見て発見する事が大切です。
そこに具象も抽象も関係はありません。
 
20151227_04
作品について自分なりの意見を述べるスズキさん。
 
20151227_05
本日の参加メンバーで色々と意見交換です。
他の人が感じたことを聞くと、また想像力が膨らみますね。
 
20151227_06
みなさん、「小屋哲雄展2015 古典抽象主義21」からどの作品を選択し、感じたことを文章化されるか楽しみですね!
 
さて2016年1月の演習コースはお休みになります。
次回の第41回演習コースは2月13日(土)17:00からになります。
 
※只今、演習コースは満席のため新規生募集を行っておりません。
キャンセル待ちは可能ですので、ご希望の方は教室にお問い合わせください。

2015年12月28日 00:00
演習コース | | コメント&トラックバック(0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment