ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (31)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2010年07月06日 10:03

マーちゃんの静物油彩です!魅力的ですね

20100706_01
マーちゃんファンクラブの皆様、お待たせいたしました!マーちゃんの新作のご紹介です。アクリル・パステルのイメージが強いマーちゃんですが(チーム・アクリルのメンバーでもあります)今回は油彩画に挑戦です!油彩画は2作目ですね。色々な画材を使いこなせる力量があるので、今回も素晴らしい作品に仕上がりました。物語性の強いモチーフですが、見事に表現して頂きました。
 
20100706_02
卵から生まれてくるヒナのオブジェです。油絵具の重厚なタッチが合います。卵の明暗が自然で、立体感が出ていますね。顔も愛らしいです。
 
20100706_03
発色の良い赤と緑で大胆に植物を描きました。布の青も綺麗ですね。この発色の良さが様々な画材を使っても変わらない「マーちゃんの魅力」ですね。
 
20100706_04
マザー・ネイチャーのポットとレンガです。素焼きの色の魅力がありますね。こちらも綺麗な質感と立体感が出ています。
 
20100706_05
バックはグレートーンの世界です。引っ掻きによるマティエールがグレーを退屈に見せません。バックにも面白い表現を探しています!
 
20100706_06
”K.MAKO”のサインです。まず下地として黄色をのせて、乾燥後に青をのせ、引っかいて描きました。その下地の段階が、生徒作品>油彩画コーナーに掲載されていますので参考までにご覧下さい。油彩画でもとても幅のある作品を描くマーちゃん、次回作完成もファンクラブの皆様と共に待ちたいと思います!

2010年07月06日 10:03
会員作品紹介 | , | コメント&トラックバック(4)

4 Comments »

  1. みなさまお待ちかね!マーちゃんの作品がアップされていますよ。
    どしどしコメントお寄せくださいね。お待ちしています!

    コメント by 小屋哲雄 — 2010年7月12日 @ 8:38 AM

  2. こんばんは 末摘花です。

    まーちゃん 久々の油絵ですね。
    まーちゃんは猛烈に忙しいのに よく仕上げたと驚きです。
    私も 暇だけど 忙しい。
    ヒュッテへ来るのも 本当に久しぶりです。

    相変わらず 先生のコメントを読まずに
    感じたままを書きます。

    卵から生まれたのは 間違いなくお孫さんだよね。
    ブルーの台の上に 様々な品を置いて
    バックは白系でまとめる。

    以前の レースカーテンの絵の続きかしら?
    小鳥がくわえていた花は 卵から生まれたお孫さんを
    意味していたのかな?

    まーちゃんは いつも画面を2分割しそうな絵を描くんだけど
    それを感じさせないテクニックを 自然と身につけているね。
    先生のご指示なのかしら?
    それから 赤 必ず どこかに赤を入れて
    まるで自分の魂の情熱を凝縮させているように 
    その赤が 利いているね。

    青で自分を押さえているけど 赤で情熱を発散させているのかな?
     

    コメント by 会員@アトリエヒュッテ — 2010年7月12日 @ 10:07 PM

  3. 末摘花さん、いつも素晴らしいコメントをありがとう。とても励みになります。いささか、絵がコメント負けしている感はありますが、こんなふうに物語を作って見てくれるなんて嬉しいです。末摘花さんは、本当に感性が豊かですね。実は、私は、ただモチーフを描くことだけで精一杯で、ほとんど何も考えないで描いているんで、なんだか新鮮な気持ちでコメントを読みました。赤は、好きな色のひとつです。そう言われてみれば、いつもどこかに赤が入っているかもしれません。なるほど、情熱の赤ですね。次の絵にも、どこかに入れてみようかしら。どうぞ、また見てくださいね。

    コメント by 会員@アトリエヒュッテ — 2010年7月17日 @ 5:32 PM

  4. こんばんは、またまた お邪魔の末摘花です。

    「何も考えていないで描いている」と聞いて びっくりです。
    なるほど 考えてみれば 芸術は ひとたび作家の手を離れてしまうと、
    受け手の作品になってしまうのかも。。。。

    ということは、これからも自由に作品を鑑賞しても良い と
    お墨付きをもらったようなものだから 的はずれな自分勝手なコメントを
    書くかもしれませんが 悪しからず お許し下さい。

    コメント by 会員@アトリエヒュッテ — 2010年7月17日 @ 6:09 PM

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment