ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (31)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2010年07月01日 15:41

デンジョウさんの海の男達の絵!!油彩画と水彩画です!

20100701_01
デンジョウさんの新作油彩画・海の男達の作品です!荒々しい海に航海に出る男達の生き様を表現しています。「今こそ行かん!」という気迫に満ちた作品ですね。デンジョウさん独特の厚い油絵具のマティエールと大胆な筆のタッチがピッタリの作品に仕上がりました。F12という大画面です。
 
20100701_02
大きなヨットに揺られて旅立ちの時を迎えました。大きい筆のタッチと細かい描写がとても合っていますね。ロープの表現なども上手いです。右下のグレーズによる影の色も綺麗ですね。
 
20100701_03
太陽の輝きも上手く表現しました。円形のタッチが何重にも重なって、そこには精神的なものまで感じられます。雲が空全体のバランスを取っています。
 
20100701_04
帆の表現もとても立派です。風を受けて大きく膨らんでいる緊張感を感じます。船の先端にも男がいますね。
 
20100701_05
荒れ狂う海!海の表現は幾層にも透明・不透明の青を重ねて深みを出しました。その上に大きくのせた白い波が綺麗です。
 
20100701_06
渦を巻く海に、堂々としたサインがよく合っています。「やりきった!!」というデンジョウさんの気持ちがこもっていますね。
 
20100701_07
ところでデンジョウさんは、この油彩画の為に同テーマの水彩画をエスキースも兼ねて描かれています。これが、その作品です。第1画像と見比べて下さい。構図やコンセプトは同じですが、水彩画ではもっと穏やかな海だったのが分かりますね。水彩では静かに、油彩では荒々しく、それぞれの画材の特徴を意識して描き分けている所が流石だと思いました。
 
20100701_08
水彩画のディテールです。油彩作品よりも輪郭が強めで線を多用し、各要素を丁寧に、構想を練りつつ描いているのが伝わりますね。波しぶきも水彩独特の表現で描きました。
 
様々な技法を使いこなすデンジョウさん、いよいよマハラジャ駱駝の大モチーフに油彩で挑戦です。完成を待とう!

2010年07月01日 15:41
会員作品紹介 | , | コメント&トラックバック(2)

2 Comments »

  1. はじめまして!モアイと申します。
    私は大学時代ヨット部だったのですが、今回の作品は海の
    緊張感が良く伝わってきます。すごいですね。
    白波がとても良く描けているなと思いました!

    コメント by 会員@アトリエヒュッテ — 2010年7月2日 @ 2:07 AM

  2. モアイさん、コメントありがとうございます!
    今回ご紹介しましたデンジョウさんの作品、すごい緊張感ですよね。ヨット部だったモアイさんに気に入って頂けてとても嬉しいです。また、是非コメントお寄せ下さいね。お待ちしています!

    コメント by 小屋哲雄 — 2010年7月2日 @ 2:30 AM

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment