ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (30)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2014年07月23日 01:10

シゲミさんの静物油彩画F6号

20140723_01
シゲミさんの静物油彩画(F6)のご紹介です。
大変にしっとりした、色の幅のある作品に仕上がりました。
ポット、煉瓦、ベーグル、巨峰、紫色の布という質感も色も異なるモチーフを上手くまとめ上げられたと思います。
デッサンをじっくりと勉強した成果が現れていますね。
 
20140723_02
黄色いポットです。ホーローの質感が出ました。
取っ手が胴体に映っているのがリアルですね。反射の光なども綺麗です。
 
20140723_03
煉瓦です。
もう少し絵具のマティエールが厚くてもよかったと思いますが、この画面にはなじんでいますね。
色そのものは複雑です。
 
20140723_04
輝くように光の当たったベーグルと、巨峰です。
とても自然な感じになりました。
モチーフとしての張りのある表現になりましたね。
 
20140723_05
バックも、明るい青の上に暗めの茶系色をかけて、不思議な空間を演出しました。
幻想的ですね。
 
20140723_06
紫の布も綺麗です。
紫はなかなか難しい色ですが、日本人の感覚には合っている色の様です。
サインもシンプルで綺麗です。
これからのシゲミさんの油彩画表現が楽しみです!
 
20140723_07
ところでシゲミさんは、私が ヒュッテ通信2014.04.12号  「輪郭線について その2」で書いた内容を実践するために、落書きできるモチーフを持ってきて下さいました。
これがその時の様子です。
やり方をざっとご紹介いたしますと、
 
自分の手の届くところにモチーフをセットします。
 
そして、スケッチブックに鉛筆でそのモチーフを描くのですが、
この実験ではわざと均一な線で、漫画のような輪郭線で囲います。
 
そして、紙に少し輪郭線を描いたら、その同じ部分に、マーカーでモチーフに線を引きます。
 
この実験から、モチーフの輪郭線にはそれぞれ距離があり、しかも線は連続ではなく分断されている。という結果が出ます。
 
20140723_08
モチーフのクマの貯金箱は最終的にこのような線が引かれました。
正面からです。
 
20140723_09
左横から。
 
20140723_10
右横から。
 
20140723_11
上から。
 
20140723_12
下からです。
このような分断された輪郭線が、実は絵画におけるモチーフの輪郭線の正体である、という事を実証する実験です。
この時のヒュッテ通信を読んでいなくて、ご興味のある方、ご連絡頂けたらメールでバックナンバーを送信致します!

2014年07月23日 01:10
油彩画, 静物画 | , | コメント&トラックバック(0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment