ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (22)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2015年06月18日 01:47

ケイコさんとマスミちゃんの夢のある人物デッサン

20150617_01
2015年2月7-8日で開催しました「新春人物画ゼミ」での、共通点のあるデッサンを2点ご紹介します。
その共通点とはどちらの作品もモデルさんの全身を入れ、そのために出来た面積のある余白にロマンチックな要素を加えたという工夫です。
まずはケイコさんの作品です。
今回のモデル・まゆちゃんは高校生ですがバレエをされているのでなんと20分立ちポーズにチャレンジしてくれました。
立っている感じのよく出た作品です。
全身を入れるとどうしても余白が多くなるのですが、ケイコさんはそこのバレンタインをテーマにしたハートをいっぱい入れて楽しい雰囲気に仕上げました。
 
20150617_02
顔の表情もとてもいいですね。
上半身の量感もあります。
鉛筆の調子の幅があって、固有色を感じます。
 
20150617_03
足と靴もしっかりと描いたので安定感が出ましたね。
地面の影も描いたので自然な足元の空間が出せました。
 
20150617_04
バレンタインのハート型風船をイメージされたバックです。
 
20150617_05
飛んでいきそうな風船が画面にリズムを与えています。
ケイコさんのデッサン力ならではの作品になりました!
 
20150617_06
続きましてマスミちゃんのデッサンです。
こちらは横向きの人物なので更にバックに余白が出来ます。
そこで、デートの待ち合わせと言う設定にしました。
このモデルさんならではの発想ですね。
でも、まだ待ち人は来ておらず、現れたときの嬉しさを影で表現するという凝った作品になりました!
この表現は演習ゼミご参加の効果が現れていると思われます。
 
20150617_07
すこし退屈しているかの表情と、彼が現れた時の喜びを表した影とのコントラストがとても面白いです。
独特な鉛筆の黒も綺麗ですね。
 
20150617_08
下半身もしっかりと描写しました。
足の前後関係や右手・バック・スカートの位置感などもよく描けています。
 
20150617_09
影の表現です。
何の資料もない中でよくここまで表現できたと思います。
差し出す手と迎える手の差が面白いです。
 
20150617_10
男性の力強い足です。
影も強力です。
この度ご紹介したお2人は、ポーズ中は人物描写に集中し、休憩時間にバックの表現を追求するというリズム感で制作されました。
ケイコさんとマスミちゃんのゼミ中の時間の使い方には無駄がなく、その結果このような高度な作品が仕上がったのだと思います。
また次回の夏のクロッキー・秋の人物画ゼミもこの調子で是非ご参加ください!

2015年06月18日 01:47
デッサン, 人物画 | , | コメント&トラックバック(0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment