ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (33)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2010年11月10日 11:24

インドのマハラジャ夫婦のラクダ・シルクロードの旅 大モチーフ油彩画・ケイコさんです!

20101110_01
いよいよ残り少なくなって来ました「インドのマハラジャ夫婦のラクダ・シルクロードの旅 大モチーフ油彩画」ですが、今回はケイコさんの作品です!モチーフの斜め方向という難しい位置から挑戦してくれました。こちらに迫ってくる駱駝の雰囲気がよく出ています。バックやモチーフ台にも、ケイコさんオリジナルな工夫が満載で、力作になりました!
 
20101110_02
細かく丹念に描きながらも大胆で力強い、そんなケイコさんの力量が余す所なく発揮された作品ですね。装飾の細かさと量感の重量感とが上手く合わさっていて見応えがあります!色のバランスもとても良いです。
 
20101110_03
駱駝の足で出来る空間や、麦の細かさが素晴らしいですね。なかなかここまで描けるものではありません。今までの修行のたまものですね。
 
20101110_04
足元の布はスカラベ(フンコロガシ)をエッシャー風に表現しております。スカラベが徐々に布に潜っていって装飾化する・・・実に絵画的な工夫だと思います。
 
20101110_05
背景には不思議な異国の世界が広がります。この王と王妃はどこから来て、何処へ行こうとしているのでしょうか?シルクロードに乗って想像が膨らみます!
 
20101110_06
駱駝の顔が実に堂々としていますね。歯が立派!(笑) バックの布の装飾とニンニクの描写も素晴らしいです。布は、青い線で描いた花模様のバックの色が複雑で、青い線とよく合っています。
 
20101110_07
コーヒーミル・コーヒー豆もしっかりと描写して、基本をとても大切にされています。これだけの画力があれば、ずっと絵を描き続けて行くことができるでしょう。それこそ最高の人生の財産だと思います。

2010年11月10日 11:24
会員作品紹介 | , | コメント&トラックバック(3)

3 Comments »

  1. ラクダの頭を実物より大きく描いたので、こちらに向かって歩いてくるような迫力が出ましたね!スカラベとサインの扱いが(注:スカラベにKEIKOのサインが入っています)ケイコさんらしいですね。

    コメント by 小屋由里子 — 2010年11月13日 @ 12:30 AM

  2. こんにちは。ケイコです。
    作品が出来上がってみると嬉しさいっぱいです。
    モチーフ自体の色が美しいので、楽しく色をのせる事が出来ました。
    少し自分のイメージに懲りすぎて、完成出来きず変更する部分がありました。(いつも欲張り過ぎて。)
    これからもヒュッテのモチーフが楽しみです。

    コメント by 会員@アトリエヒュッテ — 2010年11月16日 @ 4:04 AM

  3. おはようございますケイコさん。
    コメントありがとうございます!
    ケイコさん自身の素敵なイメージとモチーフの色味が合わさった素晴らしい作品になりましたね。これからもヒュッテのモチーフ楽しみにしてて下さいね。

    コメント by 小屋哲雄 — 2010年11月16日 @ 7:05 AM

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment