ヒュッテブログ

→たくさんの方に楽しく読んで頂いてます
(感想文はこちら)
メールアドレス(必須)
お名前

アーカイブ

  • 2017 (30)
  • 2016 (56)
  • 2015 (60)
  • 2014 (53)
  • 2013 (69)
  • 2012 (49)
  • 2011 (53)
  • 2010 (68)
  • 2009 (174)
  • 2008 (269)
  • 2007 (314)
  • 2006 (176)
  • 2005 (64)

写真をクリックすると拡大画像・コメントが見れます。
拡大画像が表示されない場合

2010年10月12日 08:22

インドのマハラジャ夫婦のラクダ・シルクロードの旅 大モチーフ油彩画・N中さんです!

20101011_01
N中さんのインドのマハラジャ夫婦のラクダ大モチーフ油彩画、F20号の大作です!隙の無い画面に仕上がりました。独特の構図やN中さん独自のアイデアによるバック表現に加え、超重厚と言える油絵具のマティエールが素晴らしい作品に仕上がりました。砂や大理石の粉、コーヒー豆などを画面に貼り付けています。迫力があります!バックの紫の布はインド奇術のように天から吊るされています。
 
20101011_02
マハラジャ夫婦の表情が綺麗ですね。絵具の発色がとても良いです。王と王妃の装飾的な服の模様や顔の表情を絵画的に還元できています。
 
20101011_03
ラクダの首や顔も面白いですね。バック右側には本物のラクダが見えますが、バックも全く手を抜かずにしっかりと詰めました。
 
20101011_04
ずっしりと重量を感じるラクダです。この重厚な絵肌をご覧下さい。でも重苦しくはなく、かえって軽快です。ラクダの足の間の空間が通っているので軽快なのですね。ここまで描ききるのは相当の努力が必要でした。小麦もまるで魚の骨のような鋭さですね。
 
20101011_05
コーヒーミルとコーヒー豆袋周辺には本物のコーヒー豆を貼りました。コーヒーの茶系の色幅も美しいですね。コーヒーミルの金属色もよく出ています。
 
20101011_06
バックの世界の広がりをご覧下さい。布の装飾もよく描かれていて、まるで蜜蝋の表情のようです。今回ここまでやりきったN中さん、相当な実力が付いてきたと思います!

2010年10月12日 08:22
会員作品紹介 | , | コメント&トラックバック(2)

2 Comments »

  1. 油彩画混合技法の物質感に負けない描写ができる様になってきました。色彩も複雑で、奥深い作品に仕上がりましたね。

    コメント by 小屋由里子 — 2010年10月15日 @ 10:37 AM

  2. ケイコです。
    N中さんの今回の作品は、すごいインパクトで、製作中もご一緒でしたが、
    毎週見るだびにヴァージョンアップされていて、とても刺激的な体験をさせて頂きました。次回作が待ち遠しいです。

    コメント by 会員@アトリエヒュッテ — 2010年11月16日 @ 4:09 AM

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment